本文へスキップ

 

中京大学

ようこそ、中京大学渡邊研究室ホームページへ!
Welcome to Chukyo Univ. Watanabe Lab. Homepage
Thanks! Gracias! Danke! Merci! 謝謝!

!! English page is under construction. 
Please check CV in English. !!

TOPICS

  • JSEK2019 in Nagoya
    日本電気生理運動学会(Japanesel Society for Electrophysiology and Kinesiology)を中京大学で開催します。
    2019年6月29日 中京大学 名古屋キャンパス【大会HP】
    大会テーマ:電気生理運動学の多分野への貢献
    大会長:中京大学 国際教養学部 渡邊航平
  • ISEK2020 in Nagoya
    International Society for Electrophysiology and Kinesiology(国際電気生理運動学会)【学会HP】
    2020年学会大会の開催地が日本の名古屋市(国際会議場)に決定しました。大会長を渡邊が務め、協同大会長を森谷敏夫先生(京都産業大学・教授、中京大学・客員教授)が務めます。運営委員の先生方には色々と御迷惑をおかけすると思いますが、どうかよろしくお願いします。大会HP

NEWS新着情報

2019年5月17-19日
共同研究者の日本水産株式会社・内田健志先生が第73回日本栄養・食糧学会にて、本研究室および椙山女学園大学との共同研究の結果を発表をします。
内田健志(日本水産株式会社)、富田彩(中京大学)、三田有紀子(椙山女学園大学)、渡邊航平(中京大学):スケソウダラタンパク質の 栄養介入と運動介入による高齢者の運動機能に対する効果検討
2019年5月10日
本研究室4年生の近藤良多さんが一昨年、昨年に引き続き、中京大学・教育奨励賞を受賞しました。教育奨励賞は教育後援会が毎年各学部の成績評価が高い学生(上位3名)を表彰する制度であり、3年連続の受賞は過去に聞いたことがありません。日頃からコツコツやってきた成果だと思います。おめでとうございます!
2019年4月26日
股関節内転筋群の神経筋活動の特性に関する札幌医科大学および名古屋大学との共同研究がEuropean Journal of Applied Physiologyに原著論文として掲載されることが決定しました。
Kato T, Taniguchi K, Akima H, Watanabe K, Ikeda Y, Katayose M: Effect of hip angle on neuromuscular activation of the adductor longus and adductor magnus during isometric hip flexion and extension.
European Journal of Applied Physiology (in press)
2019年4月13日
第8回八事いきいきアカデミーが無事に終了しました。参加者の皆様およびスタッフの学生の皆さん、ありがとうございました!詳細
2019年4月8日
4月7日付の朝日新聞朝刊地方版で掲載された記事が朝日新聞デジタルにて公開されております。朝日新聞デジタル
2019年4月1日
新2年生14名が新たに配属されました。
特任助教に富田彩氏(昨年度まで博士研究員)が就任されました。
研究補助員に上野栄子氏を迎えました。
2019年4月1日
国立研究開発法人日本医療研究開発機構AMED(研究代表者:名古屋市立大学医学部・赤津裕康先生)へ分担研究者として参画します。
2019年4月1日
平成31年長寿医療研究開発費(研究代表者:国立研究開発法人国立長寿医療研究センター・加藤健治先生)へ分担研究者として採択されました。
2019年4月1日
株式会社MTGとの共同研究契約を更新しました。
2019年3月26日
新規配属学生の歓迎を含めたゼミ生の交流会を実施しました。写真
2019年3月15日
今年の7月にチェコ・プラハで開催されるヨーロッパスポーツ科学会議(European College of Sports Science, ECSS)HPに研究室から3題(宮本葉月(学部3年生)、富田彩(博士研究員)、渡邊)の研究発表が採択されました。
-Miyamoto H, Watanabe K. Effect of participation in team sports during overseas study program on non-native language proficiency
-Tomita A, Watanabe K. Force-frequency curve by NMES is associated with muscle thickness and maximal voluntary contraction for quadriceps femoris
-Watanabe K, Yamaguchi Y, Fukuda W, Nakazawa S, Kenjo T, Nishiyama T. Neuromuscular activation pattern of lower extremity muscles in cyclists with single amputation of leg during pedaling at various workloads
2019年3月10日
研究室のメンバー4名(近藤・林・宮本・渡邊)で名古屋シティマラソンに参加し、ハーフマラソンを走りました。写真
2019年3月5日
全身に対する骨格筋電気刺激と自発的な運動およびこれらの組み合わせが代謝動態へ及ぼす影響に関する研究がFrontiers in Physiologyに原著論文として掲載されることが決定しました。株式会社MTGおよび京都産業大学との共同研究であり、当研究室の学生(吉田貴洋、石川友規)が中心となって進めてくれた研究。
Watanabe K, Takahiro Yoshida, Tomoki Ishikawa, Shuhei Kawade, Toshio Moritani. Effect of the combination of whole-body neuromuscular electrical stimulation and voluntary exercise on metabolic responses in human.
Frontiers in Physiology (in press)
過去のニュース
講演会のお知らせ

バナースペース

募集

現在、特任助教/博士研究員を募集しています。研究室メンバーと協力し、研究に取り組んでくれる人を探しています。興味のある方は渡邊まで御連絡ください。


〒466-866
愛知県名古屋市
昭和区八事本町101-2

中京大学 国際教養学部 体育系列
准教授 渡邊航平

問合せ先メールアドレス
wkoheiあlets.chukyo-u.ac.jp
[あ]をアットマークに変えてメールしてください。

Japanese Society for Electrophysiology and Kinesiology