本文へスキップ

研究業績Publication and others

論文

[査読付原著論文 (筆頭著者)]

24) Watanabe K, Kawade S, Moritani T. Effect of electrodeposition of low intensity neuromuscular electrical stimulation on the evoked force in the quadriceps femoris muscle. BMC Research Notes  10:300, 2017

23) Watanabe K, Kouzaki M, Moritani T. Effect of aging on region-specific functional role and muscle geometry along human rectus femoris muscle.Muscle and Nerve in press

22) Watanabe K, Kouzaki M, Moritani T. Effect of aging on regional neuomuscular regulation within human rectus femoris muscle during stair ascent and descent. Gait and Posture 52:26-32, 2017

21) Watanabe K, Holobar A, Kouzaki M, Ogawa M, Akima H, Moritani T. Age-related changes in motor unit firing pattern of vastus lateralis muscle during low-moderate contraction. AGE 38:48, 2016

20) Watanabe K, Kouzaki M, Moritani T. Regional neuromuscular regulation within human rectus femoris muscle during gait in young and elderly men. Journal of Biomechanics 49(1): 19-25, 2016

19) Watanabe K, Kouzaki M, Moritani T. Effect of electrode location on task-dependent electromyographic responses within the hman biceps femoris muscle. Journal of Applied Biomechanics 32(1): 97-100, 2016

18) Watanabe K, Sato T, Mukaimoto T, Takashima W, Yamagishi M, Nishiyama T. Electromyographic analysis of thigh muscles during track cycling on a velodrome.Journal of Sports Sciences 16: 1-10, 2015

17) Watanabe K, Kouzaki, Moritani T. Spatial EMG potential distribution of biceps brachii muscle during resistance training and detraining. European Journal of Applied Physiology 115 (12): 2661-2670, 2015

16) Watanabe K, Kouzaki M, Ando R, Akima H, Moritani T. Non-uniform recruitment along human rectus femoris muscle during transcutaneous electrical nerve stimulation.European Journal of Applied Physiology 115(10): 2159-2165, 2015

15) Watanabe K, Kouzaki M, Moritani T. Heterogeneous neural activation within human rectus femoris muscle during pedaling. Muscle & Nerve 52 (3), 404-411, 2015

14) Watanabe K, Kouzaki M, Moritani T. Regional neuromuscular regulation within human rectus femoris muscle during gait. Journal of Biomechanics 47(14), 3502-3508, 2014

13) Watanabe K, Taniguchi Y, Moritani T. Metabolic and cardiovascular responses during voluntary pedaling exercise with electrical muscle stimulation. European Journal of Applied Physiology 114 (9), 1801-1807, 2014

12) Watanabe K, Kouzaki M, Moritani T. Non-uniform surface EMG responses to change in joint angle within rectus femoris muscle. Muscle & Nerve 50 (5): 794-802, 2014

11) Watanabe K, Gazzoni M, Holobar A, Miyamoto T, Fukuda K, Merletti R, Moritani T. Motor unit firing pattern of vastus lateralis muscle in type 2 diabetes mellitus patients.Muscle & Nerve 48(5): 806-813, 2013

10) Watanabe K, Kouzaki M, Moritani T. Region-specific myoelectric manifestations of fatigue in human rectus femoris muscle. Muscle & Nerve 48 (2): 226-234, 2013

9) Watanabe K, Miyamoto T, Tanaka Y, Fukuda K, Moritani T. Type 2 diabetes mellitus patients manifest characteristic spatial EMG potential distribution pattern during sustained isometric contraction. Diabetes Research and Clinical Practice 97 (3): 468-473, 2012

8) Watanabe K, Kouzaki M, Moritani T. Task-dependent spatial distribution of neural activation pattern in human rectus femoris muscle. Journal of Electromyography and Kinesiology 22: 251-258, 2012

7) Watanabe K, Kouzaki M, Fujibayashi M, Merletti R, Moritani T. Spatial EMG potential distribution pattern of vastus lateralis muscle during isometric knee extension in young and elderly men. Journal of Electromyography and Kinesiology 22: 74-79, 2012

6) Watanabe K, Akima H: Effect of knee joint angle on neuromuscular activation of the vastus intermedius muscle during isometric contraction. Scandinavian Journal of Medicine and Science in Sports 21: e412-e420, 2011

5) Watanabe K, Akima H: Validity of surface electromyography for vastus intermedius muscle assessed by needle electromyography. Journal of Neuroscience Methods 198: 332-335, 2011

4) Watanabe K, Akima H: Neuromuscular activation of vastus intermedius muscle during fatiguing exercise. Journal of Electromyography and Kinesiology 20: 661-666, 2010

3) Watanabe K, Katayama K, Ishida K, Akima H: Electromyographic analysis of hip adductor muscles during incremental fatiguing pedaling exercise. European Journal of Applied Physiology 106(6): 815-825, 2009

2) Watanabe K, Akima H: Normalized EMG to normalized torque relationship of vastus intermedius muscle during isometric knee extension. European Journal of Applied Physiology 106(5): 665-675, 2009

1) Watanabe K, Akima H: Cross-talk from adjacent muscle has a negligible effect on surface electromyographic activity of vastus intermedius muscle during isometric contraction. Journal of Electromyography and Kinesiology 19: e280-e289, 2009 

投稿中,審査中の論文

Watanabe K 
Research for spinal reflex in Rectus femoris muscle/ Under review.

Watanabe K, Kouzaki M, Moritani T. 
Research for Rectus femoris muscle and lower kinematics relationship in elderly on gait/ Under review.

[査読付原著論文 (共同研究者)]

14) 西川祐一, 渡邊航平ら:パーキンソン病患者における等尺性筋収縮時の空間的な筋活動分布パターンの特徴.理学療法科学 32(2): 329-333, 2017

13) Nishikawa Y, Watanabe K, Takahashi T, Hosomi N, Orita N, Mikami Y, Maruyama H, Kimura H, Mastumoto M: Sex differences in variance of multi-channel surface electromyography distribution of the vastus lateralis muscle during isometric knee extension in young adults. European Journal of Applied Physiology 117(3): 583-589, 2017

12) Ando R, Tomita A, Watanabe K, Akima H: Knee joint angle and vasti muscle electromyograms during fatiguing contraction. Clinical Physiology and Functional Imaging (in press)
11) Ando R, Nosaka K, Inami T, Tomita A, Watanabe K, Blazevich AJ, Akima H: Difference in fascicle behaviors between superficial and deep quadriceps m,uscles during isometric contraction. Muscle Nerve 53: 797-802, 2016

10) Tomita A, Ando R, Saito A, Watanabe K, Akima H: Effect of interelectrode distance on surface electromyographic signals of vastus intermedius muscle in men and women. Journal of Electromyography and Kinesioogy 25: 841-6, 2015

9) Saito A, Watanabe K, Akima H: Coordination among thigh muscles including the vastus intermedius and adductor magnus at different cycling intensities. Human Moveent Science 40: 14-23, 2015

8) Miyamoto T, Fukuda K, Watanabe K, Hidaka M, Moritani T: Gender difference in metabolic responses to surface electrical muscle stimulation in type 2 diabetes. Journal of Electromyography and Kinesiology 25(1): 136-142, 2014

7) 高石鉄雄,對馬 明,児玉 泰,西井 匠,小林培男,渡邊航平,秋間 広:自転車による運動習慣のある中高齢者の自転車走行中の運動強度および体力・健康レベル.体力科学 62: 331-341,2013

6) Saito A, Watanabe K, Akima H: The highest antagonistic coactivation of the vastus intermedius muscle among quadriceps femoris muscles during isometric knee flexion. Journal of Electromyography and KInesiology 23: 831-837, 2013

5) Akima H, Saito A, Watanabe K, Kouzaki M: Alternate muscle activity patterns among synergists of the quadriceps femoris including the vastus intermedius during low-level sustained contraction in men. Muscle & Nerve 46: 85-95, 2012

4) 齋藤 輝,渡邊航平,秋間 広:等尺性股関節屈曲運動時の大腿直筋の筋収縮が中間広筋の筋活動に及ぼす影響.トレーニング科学23: 287-295, 2011

3) Katayama K, Yoshitake Y, Watanabe K, Akima H, Ishida K: Muscle Deoxygenation during sustained and intermittent isometric exercise in hypoxia. Medicine & Science in Sports & Exercise 42 (7): 1269-1278, 2010

2) Sakuma K, Watanabe K, Hotta N, Koike T, Ishida K, Katayama K, Akima H: The adaptive responses in several mediators linked with hypertrophy and atrophy of skeletal muscle after lower limb unloading in humans. Acta Physiologica 197 (2): 151-159, 2009

1) 古市泰郎, 増田和実, 高倉久志, 渡邊航平, 堀田典生, 片山敬章, 石田浩司, 秋間広: 片脚サスペンジョン中のインターバルトレーニングが筋代謝能力に及ぼす影響 −トレーニング頻度の違いによる影響について−. 北陸体育学会紀要 44: 38, 2008.

[査読なし・招待総説]

Watanabe K Analysis of spatio-temporal distribution of neuromuscular activation using multi-channel surface electromyography: Application for health and sports science. Advances in Exercise and Sports Physiology 19(3): 47-53, 2013

渡邊航平:筋メカニクス研究の最前線・大腿直筋における区画的な神経筋活動. 日本基礎理学療法学雑誌 19(2): 3-8, 2016

[査読なし論文・寄稿]

渡邊航平:[特集]社会と共創するスポーツ科学研究の展開T、高齢者の筋力低下をもたらす神経制御に対する運動トレーニングの効果.体育の科学 67(5): 308-314, 2017

渡邊航平:[特集]身体運動の冗長性を考える,筋力発揮時の筋内活動パターン変化.体育の科学 63(3): 449-457, 2013

渡邊航平, 神ア素樹, 森谷敏夫:[連載]体育科学における表面筋電図法の新たな可能性,多チャンネル表面筋電図法の体育科学・健康科学・スポーツ科学への応用.体育の科学 62(5): 369-377, 2012

渡邊航平, 秋間 広:[連載] 体育科学における表面筋電図法の新たな可能性,4.中間広筋の疲労特性.体育の科学 62(4): 303-308, 2012

渡邊航平, 秋間 広:[連載] 体育科学における表面筋電図法の新たな可能性,3.中間広筋の活動特性に関する新たな知見.体育の科学 62(3): 217-222, 2012

渡邊航平, 秋間 広:[連載] 体育科学における表面筋電図法の新たな可能性,2.表面筋電図法の大腿部深層筋への応用−測定方法の妥当性の検討−.体育の科学 62(2): 139-144, 2012

渡邊航平, 秋間 広:[連載] 体育科学における表面筋電図法の新たな可能性,1.表面筋電図法の大腿部深層筋への応用−測定方法の確立−.体育の科学 62(1):61-67, 2012

渡邊航平:日本体育学会大62回傍聴記−運動生理学分野を中心に−.体育の科学 61(12): 958-961, 2011

渡邊航平:第25回身体動作学研究会に参加して.身体動作学研究会ニュースレター.19: 4-5, 2011

学会発表

[学会発表 (筆頭演者)]

渡邊航平,Ales Holobar,神崎素樹,小川まどか,秋間広,森谷敏夫:高齢者と若齢者では運動単位の発火パターンが顕著に異なる.第71回日本体力医学会大会, 2016年9月

Kohei Watanabe, Motoki Kouzaki, Toshio Moritani: Region-specific neuromuscular activation within rectus femoris muscle and lower extremity kinematic characteristics in eldely during gait. 第24回日本バイオメカニクス学会(国際セッション)・奨励賞, 2016年9月

渡邊航平:加齢が階段昇降中における大腿直筋の活動部位差に及ぼす影響.日本体育学会第67回大会, 2016年8月

渡邊航平,神ア素樹,森谷敏夫:加齢が歩行時における大腿直筋の部位依存的な活動制御パターンに及ぼす影響.第70回日本体力医学会大会,2015年9月

Watanabe K, Kouzaki M, Moritani T: Spatial distribution pattern of surface electromyography within human rectus femoris muscle on overground vs. treadmill walking. 25th Congress of the International Society of Biomechanics, 2015年7月

渡邊航平:等尺性筋力発揮時およびスプリント時における大腿二頭筋の活動部位差.第28回身体動作学研究会,2015年3月

渡邊航平,神ア素樹,森谷敏夫:筋力トレーニングおよび脱トレーニングが単一筋内活動分布に及ぼす影響.第69回日本体力医学会大会,2014年9月

渡邊航平,佐藤孝之,向本敬洋,高嶋渉,山岸道央,西山哲成:ヴェロドローム走行中における自転車競技者の大腿部筋群活動パターン.第23回日本バイオメカニクス学会大会,2014年9月

渡邊航平:ヒト大腿直筋における運動単位動員閾値の部位差.日本体育学会第65回大会,2014年8月

Watanabe K, Kouzaki M, Moritani T: Non-uniform SEMG distribution in human rectus femoris muscle during walking with various speed and grades. 20th Congress of the International Society of Electrophysiology and Kinesiology, 2014年7月

渡邊航平,神ア素樹,森谷敏夫:異なる速度における歩行時のヒト大腿直筋の部位依存的な活動制御.第18回日本体力医学会東海地方会,2014年3月

渡邊航平,神ア素樹,森谷敏夫:多関節運動時におけるヒト大腿直筋の制御パターンの部位差.第68回日本体力医学会大会,2013年9月

渡邊航平,神ア素樹,森谷敏夫:歩行運動時におけるヒト大腿直筋は部位によって異なる機能的役割を有する.日本体育学会第64回大会,2013年8月

渡邊航平,神ア素樹,森谷敏夫:ヒト大腿直筋における部位依存的な疲労特性.第17回日本体力医学会東海地方会,2013年3月

渡邊航平,神ア素樹,森谷敏夫:ヒト大腿直筋における電気生理学的疲労特性の部位差.第26回身体動作学研究会,2013年2月

渡邊航平,Marco Gazzoni,Roberto Merletti,Ales Holobar,宮本俊朗,田中陽次,森谷敏夫:2型糖尿病患者における発揮筋力増加時の運動単位発火パターン.第67回日本体力医学会大会,2012年9月

渡邊航平:多チャンネル表面筋電図法による単一筋内活動分布の時空間的変化の評価とその応用.[運動生理学専門分科会シンポジウム:身体運動の冗長性を運動生理学的視点から捉える(オーガナイザー:京都大学・神ア先生)],日本体育学会第63回大会,2012年8月

Watanabe K, Gazzoni M, Holobar A, Miyamoto T, Fukuda K, Merletti R, Moritani T: Motor unit firing pattern in type 2 diabetes mellitus patients during sustained low force contraction. 19th Congress of the International Society of Electrophysiology and Kinesiology, 2012年7月

渡邊航平,Marco Gazzoni,Ales Holobar,宮本俊朗,福田一仁,Roberto Merletti,森谷敏夫:2型糖尿病患者における運動単位発火パターンの特徴.第13回日本電気生理運動学会大会,2012年3月

渡邊航平,宮本俊朗,福田一仁,Roberto Merletti,森谷敏夫:2型糖尿病患者における持続的筋収縮中の同一筋内活動分布の変化−多チャンネル表面筋電図法による検討.第66回日本体力医学会大会,2011年9月

渡邊航平,神ア素樹,藤林真美,森谷敏夫:高齢者における発揮筋力の増加にともなった特異的な同一筋内活動分布の変化−多チャンネル表面筋電図法による検討.日本体育学会第62回大会,2011年9月

渡邊航平,神ア素樹,森谷敏夫:ヒト大腿直筋における部位依存的な機能的役割の違い.第25回身体動作学研究会,2011年7月

Watanabe K, Kouzaki M, Moritani T: Distinct spatial distribution activation pattern in the human rectus femoris muscle during knee extension and hip flexion. 16th annual Congress of the European College of Sports Science, 2011年7月

渡邊航平,藤林真美,川上淳,宮地雄也,谷口善紀,木村みさか,森谷敏夫:4週間の骨格筋電気刺激トレーニングが高齢者の筋力に及ぼす影響−日常身体活動量の違いによるトレーニング効果の個人差.第25回体力医学会近畿地方会,2011年1月

渡邊航平,秋間広: 異なる膝関節角度における等尺性膝関節伸展運動時の中間広筋の活動特性. 第65回日本体力医学会大会, 2010年9月

渡邊航平,秋間広: レッグプレス運動時の内転筋群の活動特性. 日本体育学会第61回大会, 2010年9月

Watanabe K, Akima H: The effect of electrode location on surface EMG of the vastus intermedius muscle. 18th Congress of the International Society of Electrophysiology and Kinesiology, 2010年6月

Watanabe K, Akima H: Recording of surface electromyogram from the hip adductor muscles. The 57th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, 2010年6月

渡邊航平,秋間広: 持続的な等尺性膝関節伸展運動時における中間広筋の活動特性. 第64回日本体力医学会大会, 2009年9月

Watanabe K, Akima H: Neuromuscular activation of vastus intermedius muscle during isometric knee extension at various force intensity. The 56th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, 2009年6月

渡邊航平, 片山敬章, 石田浩司, 小池晃彦, 秋間広: 片脚サスペンジョンがレッグプレス運動時の筋活動に与える影響. 第63回日本体力医学会大会, 2008年9月

渡邊航平, 秋間広: 等尺性膝伸展動作中の中間広筋における表面筋電図の記録法の確立. 日本体育学会第59回大会, 2008年9月

Watanabe K, Katayama K, Ishida K, Akima H: Recruitment patterns of the adductor muscles during incremental fatiguing pedaling. The 55th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, 2008年6月

渡邊航平, 白斯琴図雅, 片山敬章, 石田浩司, 小池晃彦, 秋間 広: 片脚サスペンジョン中のインターバルトレーニングが漸増負荷運動時の筋動員に及ぼす影響. 第62回体力医学会, 2007年9月

渡邊航平, 片山敬章, 石田浩司, 秋間広: 疲労困憊に至る自転車漕ぎ運動時の内転筋群の筋活動. 日本体育学会第58回大会, 2007年9月

Watanabe K, Sato, T, Oishi K, Nishiyama T: The influence of leg segment length on pedaling motion. The 54th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, 2007年6月

渡邊航平, 佐藤孝之, 大石健二, 西山哲成: ペダリング中の下肢の動作とEMGに対する下肢分節長の影響. 第19回日本バイオメカニクス学会, 2006年9月

渡邊航平, 佐藤孝之, 西山哲成: 両脚ペダリングにおける筋活動パターンの個人差. 日本体育学会第56回大会, 2005年11月

渡邊航平, 佐藤孝之, 西山哲成. 異なるサドル高での自転車漕ぎ運動が筋活動パターンに与える影響: 第19回身体動作学研究会, 2005年3月

渡邊航平, 西山哲成. 短時間高強度の前運動は50秒間最大運動のパワー発揮にどのように影響するか: 第48回日本女子体育連盟卒業論文発表会, 2005年2月


[学会発表 (共同研究者)]

川出周平,渡邊航平,森谷敏夫:ウェアラブル小型電気刺激装置によって誘発される筋疲労特性の検証.第16回日本電気生理運動学会,2015年7月

安藤良介,Kazunori Nosaka,富田彩,渡邊航平,Anthony J Blazevich,秋間 広:筋収縮時における中間広筋と外側広筋の筋束長変化の比較.第16回日本電気生理運動学会,2015年7月

Ando R, Tanigichi K, Kikuchi S, Watanabe K, Fujimiya M, Katayose M, Akima H: Sarcomere length range in vastus intermedius with knee joint rotation. The 62th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, 2015年5月

安藤良介,Kazunori Nosaka,稲見祟孝,富田彩,渡邊航平,Anthony J Blazevich,秋間 広:等尺性収縮時の中間広筋と外側広筋の筋束の短縮動態は異なる.第69回日本体力医学会,2014年9月

Ando R, Nosaka K, Inami T, Tomita A, Watanabe K, Blazevich A, Akima H: Fascicle shortning behaviors during contraction differ between superficial and deep muscle. The 19th Annual Congress of European College of Sports Science, 2014年7月

Miyamoto T, Watanabe K, Fukuda K, Moritani T: Early Slowdown of Skeletal Muscle Deoxygenation during Incremental Cycling Exercise in Type 2 Diabetes. 20th Congress of the International Society of Electrophysiology and Kinesiology, 2014年7月

Ando R, Watanabe K, Akima H: Knee joint angle modifies M-wave of vastus lateralis, not vastus intermedius, during fatiguing tetanic contractions. The 61th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, 2014年6月

Saito A, Watanabe K, Akima H: Muscle coordination of thigh muscles including vastus intermedisus and adductor magnus during cycling. The 61th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, 2014年6月

Tomita A, Saito A, Ando R,Watanabe K, Akima H: Effect of interelectrode distance on EMG-force relationship of vastus intermedius in women. The 61th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, 2014年6月

安藤良介,渡邊航平,秋間 広:膝関節屈曲位における大腿四頭筋の持続的な筋収縮では中間広筋が最も疲労する.第18回日本体力医学会東海地方会,2014年3月

富田 彩,齋藤 輝,安藤良介,渡邊航平,秋間 広:女性を対象とした中間広筋の表面筋電図記録の妥当性.第68回日本体力医学会大会,2013年9月

齋藤 輝,渡邊航平,秋間 広:深層筋を含む大腿筋群の自転車運動時の筋活動パターン.第68回日本体力医学会大会,2013年9月

Miyamoto T, Watanabe K, Fukuda K, Moritani T: Gender differences in metabolic response to percutaneous electrical muscle stimulation in type 2 diabetes. 19th Congress of the International Society of Electrophysiology and Kinesiology, 2012年7月

谷口善紀,渡邊航平,森谷敏夫:随意運動と電気刺激の同時併用が筋代謝に及ぼす影響.第13回日本電気生理運動学会大会,2012年3月

藤林真美,渡邊航平,石井千恵,森谷敏夫:高齢者における認知機能と身体活動レベル.日本体育学会第62回大会,2011年9月

秋間 広,齋藤 輝,渡邊航平,神ア素樹:低強度・長時間等尺性筋力発揮時の中間広筋を含む大腿四頭筋の共働筋の神経筋活動.第19回日本運動生理学会,2011年8月

Saito A, Watanabe K, Akima H: Neuromuscular Activation Of Vastus Intermedius Muscle During Isometric Knee Flexion At Different Knee Joint Angles. The 58th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, 2011年6月

Akima H, Saito A, Watanabe K, Kouzaki M: Alternate Muscle Activity Of Four Synergists In Quadriceps Femoris During Low-level Sustained Contraction. The 58th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, 2011年6月

川上淳,渡邊航平,宮地雄也,森谷敏夫:高強度インターバル運動による末梢酸素動態の賦活.日本体力医学会 第25回近畿地方会,2011年1月 

秋間 広,齋藤 輝,渡邊航平:膝伸展筋である中間広筋における股関節動作時の筋活動の発現.東海体育学会第58回大会,2010年10月(愛知)

齋藤輝,渡邊航平,秋間広: 膝伸展筋である中間広筋は膝屈曲に貢献するか?. 第65回日本体力医学会大会, 2010年9月

片山敬章, 吉武康栄,渡邊航平,秋間広,石田浩司: 低酸素環境における持続的および間欠的運動時の筋酸素動態.日本体育学会第61回大会, 2010年9月

Katayama K, Yoshitake Y, Watanabe K, Akima H, Ishida K: Muscle deoxygenation and myoelectric activity during sustained and intermittent isometric exercise in hypoxia. The 57th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, 2010年6月

西河和寛, 増田和実, 山田達也, 古市泰郎, 高倉久志, 渡邊航平, 片山敬章, 石田浩司, 秋間広: 不活動中のトレーニングが骨格筋酸素動態に及ぼす影響. 平成21年度北陸体育学会大会, 2010年3月

Katayama K, Takeuchi Y, Yoshitake Y, Fujita O, Watanabe K, Akima H, Ishida K: Muscle deoxygenation and electromyogram activity during isolated muscle exercise in hypoxia. The 56th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, 2009年5月

Akima H, Watanabe K, Katayama K, Ishida K, Koike T: Effects of intensive interval and resistance training on muscle size and function during unloading. The 56th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, 2009年5月

竹内 豊,片山敬章,吉武康栄,藤田 理,渡邊航平,秋間 広,石田浩司: 低酸素環境下での運動が筋酸素動態と筋疲労に及ぼす影響. 第56回東海体育学会大会, 2008年10月

古市泰郎, 増田和実, 高倉久志, 渡邊航平, 堀田典生, 片山敬章, 石田浩司, 秋間広: 片脚サスペンジョン中のインターバルトレーニングが筋代謝能力に及ぼす影響 −トレーニング頻度の違いによる影響について−. 平成19年北陸体育学会, 2008年3月

秋間 広,渡邊航平,片山敬章,石田浩司,小池晃彦: 片脚サスペンジョン中のインターバルおよびレッグプレストレーニングが筋機能・形態に及ぼす影響.第63回日本体力医学会大会, 2008年9月

Akima H, Watanabe K, Katayama K, Ishida K, Koike T: Effect of low frequency intensive interval training during unloading on muscle atrophy and function. The 55th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, 2008年6月

Katayama K, Sato K, Hotta N, Ishida K, Watanabe K, Masuda K, Miyachi M, Koike T, Akima H: Effect of intensive interval exercise training during unilateral lower limb suspension on aerobic capacity. 第62回日本体力医学会大会(国際セッション) , 2007年9月

片山敬章,佐藤耕平,堀田典生,石田浩司,渡邊航平,増田和実,宮地元彦,小池晃彦,秋間 広. 片脚サスペンジョン中のインターバルトレーニングが有酸素性運動能力に及ぼす効果 ?トレーニング頻度の違いによる影響について?. 第62回日本体力医学会大会, 2007年9月

秋間 広,渡邊航平,白斯琴図雅,片山敬章,石田浩司,小池晃彦: 片脚サスペンジョン中の低頻度インターバルトレーニングが筋機能・形態に及ぼす影響. 第62回日本体力医学会大会, 2007年9月

Nishiyama T, Watanabe K: The influence of anthropometric factor on the leg movement and muscle recruitment during bi-pedaling. XXI Congress of the international Society of Biomechanics, 2007年7月


知的財産権

[特許]
出願中
日本「筋状態測定シート」渡邊航平他,SMK株式会社との共同研究 2件
米国「MUSCLE CONDITION MEASUREMENT SHEET 」渡邊航平他,SMK株式会社との共同研究 1件

著書

渡邊航平:生活支援ロボットに向けた材料・センサ・デバイス・アクチュエータ・バッテリー技術「筋電図処理」,生活支援(医療・福祉・介護・リハビリ)ロボット技術(寺嶋一彦監修),情報機構,2015

渡邊航平:運動と末梢神経「筋電図」(分担執筆),ニュー運動生理学T(宮村実晴 編),真興交易(株)医書出版部,2014

河合辰夫,浅井剛,清水司,秋間広,渡邊航平:自動車運転の疲労指標(分担執筆),ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用,葛Z術情報協会,2016

講演・セミナー

多チャンネル表面筋電図法を用いた大腿直筋の区画的な神経筋活動制御の解明.先端的計測手法によるバイオメカニクス研究の新たな可能性.第43回臨床バイオメカニクス学会, 2016年10月8日

Application of multi-channel surface EMG technique to researches of aging and lifestyle-diseases. Symposium. 21st Congress for International Society of Electrophysiology and Kinesiology. 2016年7月5-8日

運動法・筋力トレーニング〜“筋肉の老いにちょっと待った!”第65回全日本鍼灸学会学術大会[道・市民公開講座 家庭でできるお勧めの長寿健康法],2016年6月12日

大腿直筋における区画的な神経筋活動−ヒト二関節筋の活動制御を理解するための新たな斬り口,第2回基礎理学療法学会学術集会・日本基礎理学療法学会第20回学術大会,神奈川県,2015年11月15日

多チャンネル表面筋電図法を用いた神経筋活動の新たな評価と健康・スポーツ科学分野における応用.広島リハビリテーション研究会,2014年11月6日

打倒!サルコペ二ア.ながくて市民大学・いきいきエルダー塾(愛知県長久手市レクリエーション協会),2014年10月8日

ヒト二関節筋の活動制御機構に関する新たな概念-Muscle within a muscle.キーノートレクチャー(筋生理).第22回日本運動生理学会.2014年7月

Regional muscle activation is associated to muscle function. [Special session: Is it possible to set standards in surface electromyography?]. 20th Congress of the International Society of Electrophysiology and Kinesiology, 2014年7月

Region-specific neuromuscular activation within human rectus femoris muscle during pedaling and walking. Faculty seminar for Edith Cowan University, Austlaria, 2013年9月

Region-specific activation properties within a human bi-articular muscle.Faculty seminar for Edith Cowan University,2012年7月

マトリックス電極を使った計測法の指導.新潟大学大学院自然科学研究科木竜研究室セミナー,2012年5月

Application of Multichannel Surface EMG for Health and Sports Science.Satellite symposium in Japanese Society for Electrophysiology and Kinesiology,2012年3月

多チャンネル表面筋電図法の健康・スポーツ科学への応用.大阪工業大学 知的財産学部 健康体育研究室 第7回健康・スポーツ科学セミナー,2011年10月

Introduction of my research and research plan at LISiN.Seminar at Laboratory for Engineering of the Neuromuscular system (LISiN),2011年4月

賞罰


Kohei Watanabe, Motoki Kouzaki, Toshio Moritani, 奨励賞(国際セッション), Region-specific neuromuscular activation within rectus femoris muscle and lower extremity kinematic characteristics in eldely during gait, 第24回日本バイオメカニクス学会

渡邊航平:若手研究奨励賞,等尺性筋力発揮時およびスプリント時における大腿二頭筋の活動部位差.第28回身体動作学研究会,2015年3月

渡邊航平, 神ア素樹,森谷敏夫: 奨励賞, ヒト大腿直筋における部位依存的な疲労特性. 第17回日本体力医学会東海地方会,愛知,2013年3月

秋間広, 渡邊航平: ヤマハ発動機スポーツ振興財団 審査委員特別賞, 深層筋である大腿部の中間広筋の筋活動を記録する試み. ヤマハ発動機スポーツチャレンジ助成発表会,東京,2009年3月

渡邊航平, 秋間広: 日本体育学会第59回大会 若手研究コンペティション 最優秀賞, 等尺性膝伸展動作中の中間広筋における表面筋電図の記録法の確立. 日本体育学会第59回大会,東京,2008年9月

研究費


渡邊航平: 株式会社SMK, 表面筋電図関連製品の開発に関する研究. 2017年7月‐2018年3月, 50万円

渡邊航平: 株式会社MTG, 骨格筋電気刺激に関する研究. 2017年4月‐2018年3月, 400万円

渡邊航平: ミズノ株式会社, 重量負荷が運動時における神経筋活動に及ぼす影響. 2016年11月‐2017年3月, 200万円

渡邊航平: 日本水産株式会社, 高齢者への運動介入と栄養介入による筋力への有効性確認(SIP協力企業として). 2016年8月‐2018年3月, 100万円

渡邊航平: 株式会社SMK, 表面筋電図関連製品の開発に関する研究. 2016年4月‐2017年3月, 50万円

渡邊航平: 株式会社MTG, 骨格筋電気刺激に関する研究. 2016年4月‐2017年3月, 600万円

渡邊航平: 株式会社SMK, 表面筋電図関連製品の開発に関する研究. 2015年11月‐2016年3月, 50万円

渡邊航平: 株式会社MTG, 骨格筋電気刺激に関する研究. 2015年3月‐2016年3月, 200万円

渡邊航平: 農林水産省.戦略的イノベーション創造プログラム.運動・身体機能維持を促す次世代機能性食品の創製(研究代表者:京都大学・森谷敏夫, 600,000,000円), 2014年10月‐2019年3月, 1,700万円(配分額総計)

渡邊航平: 公益財団法人石本記念デサントスポーツ科学振興財団.走運動時におけるハムストリングスの活動特性の部位差〜肉離れ発症メカニズム解明への新たなアプローチ , 2014年4月‐2015年3月, 50万円

渡邊航平: 科学研究費補助金(若手研究B).高齢者における運動単位の活動特性とトレーニングに対する適応に関する研究 , 2014年4月‐2017年3月, 495万円

渡邊航平: 総合健康推進財団.高齢者における歩行時の二関節筋制御パターン〜加齢にともなう歩行機能低下を新たな視点から検証する, 2014年1月‐2014年12月, 50万円

渡邊航平: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援). 多チャンネル表面筋電図法を用いた神経筋系の適応機序の評価, 2012年10月‐2014年3月, 273万円

渡邊航平, 神ア素樹,森谷敏夫: 明治安田厚生事業団. 加齢にともなう筋力低下の神経的要因を評価する新たな試み, 2012年4 月‐2013年3月, 100万円

渡邊航平: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費). 神経筋系からみた生活習慣病に対する運動およびその対象者に関する運動生理学的研究, 2010年4月‐2012年3月, 200万円

渡邊航平, 秋間広: ヤマハ発動機スポーツ振興財団. 超音波画像法を併用した表面筋電図の新たな記録方法−内転筋群への適用, 2009年4 月‐2010年3月, 150万円

秋間広, 渡邊航平: 医科学応用研究財団, 表面筋電図の新技術を用いた大腿四頭筋の深層筋・中間広筋における筋疲労特性の解明, 2009年4 月‐2010年3月

秋間広, 渡邊航平: カシオ科学振興財団, 表面筋電図を用いた大腿部深層筋・中間広筋の疲労特性の検討. 2009年4 月‐2010年3月

秋間広, 渡邊航平: YMFSチャレンジ研究助成, 深層筋である大腿部の中間広筋の筋活動を記録する試み, 2007年4月‐2008年3月査読付原著論文 (筆頭著者)]

その他


渡邊航平: JSR株式会社, コンサルティング契約 2017年5月〜

渡邊航平: SMK株式会社, 技術アドバイザー契約 2017年4月〜



バナースペース




問い合せ先メールアドレス
wkoheiあlets.chukyo-u.ac.jp
「あ」を@に変えてください


共同研究など